FC2ブログ

助手席は最大限に活用しましょ。

どーも(゚▽゚)/
軽ワゴンの運送屋、かもです。

時間があるので、どんどん、ブログ更新しとこうと思います。

僕が師匠から教えてもらった事って、単純なことだけど、実際に試してみると確実に作業スピードをあげてくれることばかりでした。

僕は要領がいいほうではないので、わりと考えながら仕事をします。本当に配達が早い人は、あまり考えなくても勘でちゃっちゃっと配達できてます。

まぁ、そんな人達は遅い人の気持ちはわからないんでしょうが・・。

さて、助手席を最大限、活用しよう!ということですが、僕は配達して不在だった場合、不在の荷物は大きいものを除いて助手席に積み込みます。

こうする事で、荷台のスペースを空けつつ、再配達の連絡を頂いたときに、助手席から探すようにしておくと荷探しする時間を縮めることが出来るからです。

しばらく読んでて気づいたと思いますが、荷台のスペースを空けることに力を入れるのは、それが一番、配達をスムーズにするコツだからです。

配達が遅い人は、いつまで経っても荷台のスペースが空いてない事が多いです。落ちる荷物を優先せずに、地図で番地順に近いところから回ってばかりだと、不在の荷物をいつまでも荷台に置いておくことになります。

そうすると、これから配達しようとする荷物と、不在の荷物が荷台の中でグチャグチャになって、荷探しに異常に時間をかけることになります。

そして、これが一番大きいんですが、いつまでも減らない荷物は精神的にクルんです・・。

僕の仲間は

「個人宅の宅配は海に潜ってる感じがする。1日、終わったときに海面に出て思いきり酸素が吸えた気持ちになるんだよ(ノД`;)」

「本当だよね・・。いつ、この海から卒業できるかな・・。」

「卒業前に溺れ死ぬんじゃないかな・・(ノД`;)」

おぉ・・暗いなぁ・・。このブログ・・。

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
最新コメント
リンク