fc2ブログ

新しい波。

日本人も変わってきたのかも。

あい、かもです。

アマゾンさんやら、Uberさんやら、ギグワークはどうやって、安くドライバーを確保するか?に一生懸命になっているところだと思います。

アマゾンさんは、どんどん荷物が増えてるし、ウーバーさんは単価を落としていってる。

ハコベルとか、PickGoとか、競合多すぎてやる気にもならん。

働くやつらはいくらでもいるんだから、どこまで条件を下げたら音を上げるかな?って確認してるみたい。

そんななか、アマゾンさんでも労働組合を結成する流れが出来てきたり、今まで耐えるだけだったドライバー達の意識も変わってきたのだと思います。

生活もあるから、理不尽だと思っても耐えてきてたドライバーさんたち。

僕自身は、コロナ禍に入った辺りから軽貨物運送で、今までと同じ環境にはならない!と確信してたので、出来るだけ距離を置いてきましたし、人に勧める気になれませんでした。

やり始める人が多すぎて、いくらでも条件を下げていくのは目に見えてましたし。

アマゾンさんなんかでは、アカウントなくなってもいいと思ってたんで、わりと最初の方からAIの裏をかくために未配を出したりもしてました。

そのときの記事→Aiについて

んで。

ウーバーさんが今までの個人事業主との契約以外に、法人との契約も始めたり。

全体的にドライバーさんにはどこも困ってないので(中小の委託協力会社は除いてね。)、ドライバーさんを安く、長く、多く働かせよう!を合言葉にどこも知恵を絞ってきてたと思ってます。

こんなこと言うと「ドライバー不足は深刻だってテレビで言ってたぞ!」なんて言われると思うのですが、不足してるのは安く働く人材です。

そして、こんな状況で安くても働く人が居続ける限り、条件が良くなることなどないのです。

ウーバーさんの法人ドライバーたちも、拘束されてる時間を、いかに配達をしないようにするのか?に知恵を絞ってましたが、そんなもん、いずれ必ず対策を取られるんで、遅かれ早かれ楽して稼ぐ、その環境はなくなります。

そんなことよりも、明らかに偽装請負の仕事になってないか、きちんと記録して、労働基準監督署に相談でもした方がよっぽどいいです。

そして、僕がもしやることがあるなら、確実に記録は取っておきます。

アマゾンさんが孫請の協力委託会社を無くそうとしてたり(労働組合結成の報道前には情報来てたからな?)、労基署が動くと大元の配送会社にとんでもない影響が働くのは確認できたと思います。

2024年には、残業時間の変更も始まるので、いずれにせよ、今の運賃を維持しようと思ったら、委託業者の環境もまた変わるだろうとは思いますが、もうね、ぼちぼち自分達の働き方考えた方がいいと思う。

ギグワークも本業に足りない分を稼ぐなら使いやすいんで、あった方がいいと思いますが、そこをメインで依存しきっちゃう人ばかりになると、条件の下げあいがはじまるだけ。

今、それなりに稼げてるドライバーからすると、今の環境を壊されたくはないけれど、ドライバー全体の今後を考えるなら明らかに悪い条件で我慢し続けるのは、自分達のクビを絞めてるだけ。

生活レベルを下げて安く暮らせる術を身につけて、生活保護貰えるように知恵を絞った方がよっぽどいい。

全員働かなくなったら、困る?

いいえ。

それで真っ先に困るのは安く労働力を搾取しようとしてきた会社からです。

悪い条件で働く人が減ってくると、ダメな会社は潰れるし、生産性の高い優秀な経営者しか生き残れなくなっていく。

中小企業で起業してきた人間を見てきたけれど、順調に成長して小金が入ると、それまで支えてきた人間を省みない人たちって本当に多い。

皆、自分の利益第一で動いてるから仕方ないけれど。

優しくて、素直で、真面目な人ほど、経営者とか、権力のある人、実績のある人の言葉を全部信じちゃう。

納得して働いてるなら別にいいけど、知らない間に誰かにとって都合のいい(こうあるべきだ!)を刷り込まれてるかもよ?

スポンサードリンク

アマゾンフレックスの新制度で思うこと。

うん、まぁ、品質よくて、専業でやる人が優遇されるのはいいことだと思う。

はい、かもです。

Amazon FLEX がアーリーアクセスという新システムを始めました。

ざっくり言うと、評価の高いドライバーさんは、1ヶ月先までオファーがきて、若干評価の低い方は、一週間程度までしか見れないよ・・ということみたいです。

前回のブログでも書いてる通り、必要以上にやるメリットを感じてない僕は、当然ながら一週間組に所属しております。

多分、配達品質を良くして、未配を出さず、出来るだけ参加することで評価は上がっていくのでしょうが、そもそも、軽貨物をそこまでがっつりやるつもりなら、個数で売上が変わるところで頑張ります。

時間の都合が付くというところにだけ、魅力を感じていたので、そもそもオファーを取るためだけに専業でやる気もありません。

とはいえ、僕の予想だと1~2ヶ月くらいで前と変わらないぐらいのオファー数になるんじゃないかなぁとも思っているので、しばらくは様子見で別の仕事を入れています。

楽天エクスプレスも5月末で事業見直しとのことで、おそらく予想以上に宅配で収益をあげるのが難しかったんだローなと勝手に思ってます。

アマゾンに対抗できそうなのはecでは楽天か、ヤフーでしょうから、是非とも頑張って頂きたい。

置き配なんて、荷主と配送会社の力関係考えたら、アマゾンほど気軽に本来は出来ないので。

楽天エクスプレスも置き配をやろうとしてましたが、あのやり方だと結局、ドライバーの負担を軽くしてるとも思えなかったので。

アマゾンがやろうとしてることが進めば、軽貨物のデリプロなんてなくなるかもな?なんて思ってましたが、アマゾンだから可能なのかもしれないな・・と。

ただ。

現状ではアマゾンの思惑どおりに焦り始めたドライバーがオファーの取り合いをしてますが、徐々に稼ぎと作業量に疑問を持った方から「あれ、ギグワークってなんだっけ?」とか、言い出しそうね・・とも見ており。

これから、どのような感じで進んでいくのか、興味を持って見ています。

そして、ここで書くのもなんですが、軽貨物以外の仕事を本格的に取り始めているので、軽貨物ブログと名乗るのが、段々恥ずかしくなってきています。

情報発信者が大量に増えてきた今、そろそろ、ブログ名を変更するか、そっと消えていくのか。

自分史としては、そっと読み返したときに色々、思い出せるので惜しくもありますが。

なにはともあれ、専業で頑張っている方が報われるのは当たり前だとも思うので、雑魚な僕は、いい案件がありそうなら、これからもハイエナのようにおこぼれを狙っていきます。

スポンサードリンク

テーマ:人生いろいろあるけれど - ジャンル:ビジネス

アマゾンフレックスのAIに思うこと。

飴と鞭がはっきりしてません?

はい、かもです。

おかげさまで、僕もアマゾンフレックスを含め、大抵の軽貨物のギグワークは参加させてもらっております。

色々、やってみたものの初心者でも、それなりに金額を作りやすく、自由に動けるのはウーバーさんとフレックスさんかなぁ・・と思っています。

ウーバーさんは神奈川の方は既に新料金体系(実質値下げだと思う。)になっているそうなので、そのうち、他のデリバリーサービスさんの方が割がいいものもでてきそうですが・・。メニューさんとか良さそうだけどなぁ・・・。

ただし、いずれにせよ、1件いくらの世界なので、結構がっつり時間かけてやらないと売り上げを立てにくいです。

まぁ、他に仕事もしている僕は、そんなわけで、アマゾンフレックスさんの稼働比率は結構高めになってます。

さて、これから書く内容はあくまで僕がそう思う・・というだけだし、最悪アカウントが消えてもいいと思っているから出来るだけで、アマゾンフレックス一本で生計を支えている方は真似しないでください。変なおじさんが一人で呟いている戯言です。

さてさて、皆大好き、アマゾンフレックスのコース設定はAIが自動で行っているというお話でしたが、僕は前々から不思議に思っていたことがあったのでした。

なんで、このAIさんは日によって極端に回りにくいコース設定と、回りやすい楽なコース設定を混ぜてくるのだろう・・・?と。

数が6~8時間で130個近くの時もあれば、3~5時間で40個程度の時もあるし、あきらかに一方通行や、タワーマンションばかりで時間をつかうコースの日や、ほとんど一戸建てばかりで、非常にまわりやすいコース設定もあったり。

コース自体に難易度を設けてあって、ある程度こなすドライバーには徐々に変化させながら、より多く面倒くさいコースに誘導されているような気さえしていました。

最初の頃はとにかく渡された荷物をきっちりやり切ることが大事だと考えて、時間ギリギリまで走り回って終わらせたりもしたんですが。

よくよく考えたら、平均以上にやった所で特に得もなくね?と思ったり。単価があがるわけでもないし。

平均値は1時間で13個程度だと聞いたこともあるし、大体時給2000円程度になるように報酬設定されてることを考えても、他社さんの1個あたりの単価を考えるとまぁ、13~15個が妥当かな?と。

噂では優先オファーなるものもあるそうなので、非常に優れたドライバーさんにはそういった旨味もあるのかもしれませんが、僕自身は残念ながらそこまでのスペックがないので、前日もしくは当日で仕事があったらやります・・ぐらいの緩~い仕事の仕方をしております。

で、まぁ、比較的きついコース設定の時に配達時間に余裕もって終わったりすると、その次に仕事するときは、さらにエグ目のコースになったり、その逆で普通のコースだけど、時間ギリギリだったり、若干オーバーしたりすると、その次の日には待機状態からの「今日は荷物がないので帰ってください。」だったり、若干ぬるめのコースになったり。

あくまでも僕の体感に過ぎないけれど、ドライバーを使ってのAIさんの実験のようなものはあるんだろうなぁ・・と勝手に思ってます。

様々な状況を与えて、データを収集してるのでしょう・・。

で。

これ、初心者から古株の宅配ドライバーまで全部ひっくるめてデータを取っているならば、たま~に存在する異常な数を配達する化け物みたいなドライバーを基準にしたコースを作っても不思議ではないと思うのです。

凡人の僕が「もう足動かん・・・。」みたいな思いをして、配達を終えたら、化け物達が笑いながら「1時間30個は余裕っしょ?」みたいに言ってて。

んで、AIさんが「カモ、コースカンリョウ。レベルヲヒキアゲマス。」みたいにやってんじゃねーかと。(AIのイメージが古いのは仕方ないの。おじさんだもの。)

そんなことを何回か続けているうちに「よし。AIには出来ないドライバーだと認識された方が良くね?別にアマゾンフレックスに未練もないし!」と思うようになり。

もちろん、配達完了個数の平均値を下回ったり、誤配や時間帯不履行には気を付けてはいるのですが、がっつり意地でもやりきったらぁ!!みたいな動き方を止めてみたのです。

それから、明らかに「はは~ん。今日は試しにきてんだろ?AIさんよぉ。」みたいな難易度のコースの時は不自然にならないように頑張ったけど、ここが限界っす・・みたいな感じでコースアウトしたり。

そんなことをやっていたら、ここ最近は全体的にコース設定が緩くなった気がしています。

まぁ、わざとやっているのさえ見抜かれて、いずれアカウントがBANされる危険性もあるのですが、そうなったらそうなったで、ブログのネタが増えただけです。

あるデリプロさんがメインでやっていたセンターは、1時間で25個配らないと終わらないようなコースになっていたり、明らかにそこでやっている人たちのレベルに合わせてコース設定がなされているな・・・と感じることが、色々なセンターに行って配達してみて思ったことです。

ということは、このまま出来る子だけが残る感じになっていって、出来ない子はいらないよ?って感じになっていくと・・・・。

コースの難易度は上がり続けるのかなぁ・・・・と。

アマゾンフレックス大好き!ギグワーク最高!これが俺の天職!!と思ってる人には、仕事を取りやすくなるという意味でいいのかもしれませんが。

AIさん・・・。

奴が成長していくと、生かさず殺さずの絶妙なラインが常に来るのかもしれない・・・。

「カモ、キテイカイスウ、ハイタツミカンリョウ。アカウント、マッショウシマス。」

最後、若干ホラーみたいになっちゃった・・。

スポンサードリンク

質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
最新コメント
リンク