FC2ブログ

アマゾンフレックスの新制度で思うこと。

うん、まぁ、品質よくて、専業でやる人が優遇されるのはいいことだと思う。

はい、かもです。

Amazon FLEX がアーリーアクセスという新システムを始めました。

ざっくり言うと、評価の高いドライバーさんは、1ヶ月先までオファーがきて、若干評価の低い方は、一週間程度までしか見れないよ・・ということみたいです。

前回のブログでも書いてる通り、必要以上にやるメリットを感じてない僕は、当然ながら一週間組に所属しております。

多分、配達品質を良くして、未配を出さず、出来るだけ参加することで評価は上がっていくのでしょうが、そもそも、軽貨物をそこまでがっつりやるつもりなら、個数で売上が変わるところで頑張ります。

時間の都合が付くというところにだけ、魅力を感じていたので、そもそもオファーを取るためだけに専業でやる気もありません。

とはいえ、僕の予想だと1~2ヶ月くらいで前と変わらないぐらいのオファー数になるんじゃないかなぁとも思っているので、しばらくは様子見で別の仕事を入れています。

楽天エクスプレスも5月末で事業見直しとのことで、おそらく予想以上に宅配で収益をあげるのが難しかったんだローなと勝手に思ってます。

アマゾンに対抗できそうなのはecでは楽天か、ヤフーでしょうから、是非とも頑張って頂きたい。

置き配なんて、荷主と配送会社の力関係考えたら、アマゾンほど気軽に本来は出来ないので。

楽天エクスプレスも置き配をやろうとしてましたが、あのやり方だと結局、ドライバーの負担を軽くしてるとも思えなかったので。

アマゾンがやろうとしてることが進めば、軽貨物のデリプロなんてなくなるかもな?なんて思ってましたが、アマゾンだから可能なのかもしれないな・・と。

ただ。

現状ではアマゾンの思惑どおりに焦り始めたドライバーがオファーの取り合いをしてますが、徐々に稼ぎと作業量に疑問を持った方から「あれ、ギグワークってなんだっけ?」とか、言い出しそうね・・とも見ており。

これから、どのような感じで進んでいくのか、興味を持って見ています。

そして、ここで書くのもなんですが、軽貨物以外の仕事を本格的に取り始めているので、軽貨物ブログと名乗るのが、段々恥ずかしくなってきています。

情報発信者が大量に増えてきた今、そろそろ、ブログ名を変更するか、そっと消えていくのか。

自分史としては、そっと読み返したときに色々、思い出せるので惜しくもありますが。

なにはともあれ、専業で頑張っている方が報われるのは当たり前だとも思うので、雑魚な僕は、いい案件がありそうなら、これからもハイエナのようにおこぼれを狙っていきます。

スポンサードリンク

テーマ:人生いろいろあるけれど - ジャンル:ビジネス

アマゾンフレックスのAIに思うこと。

飴と鞭がはっきりしてません?

はい、かもです。

おかげさまで、僕もアマゾンフレックスを含め、大抵の軽貨物のギグワークは参加させてもらっております。

色々、やってみたものの初心者でも、それなりに金額を作りやすく、自由に動けるのはウーバーさんとフレックスさんかなぁ・・と思っています。

ウーバーさんは神奈川の方は既に新料金体系(実質値下げだと思う。)になっているそうなので、そのうち、他のデリバリーサービスさんの方が割がいいものもでてきそうですが・・。メニューさんとか良さそうだけどなぁ・・・。

ただし、いずれにせよ、1件いくらの世界なので、結構がっつり時間かけてやらないと売り上げを立てにくいです。

まぁ、他に仕事もしている僕は、そんなわけで、アマゾンフレックスさんの稼働比率は結構高めになってます。

さて、これから書く内容はあくまで僕がそう思う・・というだけだし、最悪アカウントが消えてもいいと思っているから出来るだけで、アマゾンフレックス一本で生計を支えている方は真似しないでください。変なおじさんが一人で呟いている戯言です。

さてさて、皆大好き、アマゾンフレックスのコース設定はAIが自動で行っているというお話でしたが、僕は前々から不思議に思っていたことがあったのでした。

なんで、このAIさんは日によって極端に回りにくいコース設定と、回りやすい楽なコース設定を混ぜてくるのだろう・・・?と。

数が6~8時間で130個近くの時もあれば、3~5時間で40個程度の時もあるし、あきらかに一方通行や、タワーマンションばかりで時間をつかうコースの日や、ほとんど一戸建てばかりで、非常にまわりやすいコース設定もあったり。

コース自体に難易度を設けてあって、ある程度こなすドライバーには徐々に変化させながら、より多く面倒くさいコースに誘導されているような気さえしていました。

最初の頃はとにかく渡された荷物をきっちりやり切ることが大事だと考えて、時間ギリギリまで走り回って終わらせたりもしたんですが。

よくよく考えたら、平均以上にやった所で特に得もなくね?と思ったり。単価があがるわけでもないし。

平均値は1時間で13個程度だと聞いたこともあるし、大体時給2000円程度になるように報酬設定されてることを考えても、他社さんの1個あたりの単価を考えるとまぁ、13~15個が妥当かな?と。

噂では優先オファーなるものもあるそうなので、非常に優れたドライバーさんにはそういった旨味もあるのかもしれませんが、僕自身は残念ながらそこまでのスペックがないので、前日もしくは当日で仕事があったらやります・・ぐらいの緩~い仕事の仕方をしております。

で、まぁ、比較的きついコース設定の時に配達時間に余裕もって終わったりすると、その次に仕事するときは、さらにエグ目のコースになったり、その逆で普通のコースだけど、時間ギリギリだったり、若干オーバーしたりすると、その次の日には待機状態からの「今日は荷物がないので帰ってください。」だったり、若干ぬるめのコースになったり。

あくまでも僕の体感に過ぎないけれど、ドライバーを使ってのAIさんの実験のようなものはあるんだろうなぁ・・と勝手に思ってます。

様々な状況を与えて、データを収集してるのでしょう・・。

で。

これ、初心者から古株の宅配ドライバーまで全部ひっくるめてデータを取っているならば、たま~に存在する異常な数を配達する化け物みたいなドライバーを基準にしたコースを作っても不思議ではないと思うのです。

凡人の僕が「もう足動かん・・・。」みたいな思いをして、配達を終えたら、化け物達が笑いながら「1時間30個は余裕っしょ?」みたいに言ってて。

んで、AIさんが「カモ、コースカンリョウ。レベルヲヒキアゲマス。」みたいにやってんじゃねーかと。(AIのイメージが古いのは仕方ないの。おじさんだもの。)

そんなことを何回か続けているうちに「よし。AIには出来ないドライバーだと認識された方が良くね?別にアマゾンフレックスに未練もないし!」と思うようになり。

もちろん、配達完了個数の平均値を下回ったり、誤配や時間帯不履行には気を付けてはいるのですが、がっつり意地でもやりきったらぁ!!みたいな動き方を止めてみたのです。

それから、明らかに「はは~ん。今日は試しにきてんだろ?AIさんよぉ。」みたいな難易度のコースの時は不自然にならないように頑張ったけど、ここが限界っす・・みたいな感じでコースアウトしたり。

そんなことをやっていたら、ここ最近は全体的にコース設定が緩くなった気がしています。

まぁ、わざとやっているのさえ見抜かれて、いずれアカウントがBANされる危険性もあるのですが、そうなったらそうなったで、ブログのネタが増えただけです。

あるデリプロさんがメインでやっていたセンターは、1時間で25個配らないと終わらないようなコースになっていたり、明らかにそこでやっている人たちのレベルに合わせてコース設定がなされているな・・・と感じることが、色々なセンターに行って配達してみて思ったことです。

ということは、このまま出来る子だけが残る感じになっていって、出来ない子はいらないよ?って感じになっていくと・・・・。

コースの難易度は上がり続けるのかなぁ・・・・と。

アマゾンフレックス大好き!ギグワーク最高!これが俺の天職!!と思ってる人には、仕事を取りやすくなるという意味でいいのかもしれませんが。

AIさん・・・。

奴が成長していくと、生かさず殺さずの絶妙なラインが常に来るのかもしれない・・・。

「カモ、キテイカイスウ、ハイタツミカンリョウ。アカウント、マッショウシマス。」

最後、若干ホラーみたいになっちゃった・・。

スポンサードリンク

直ボ(宅配ボックス直接投函)について。

いや、駄目なんですけどね。でも、気持ちはわからんでもないっていうか・・・。

はい、かもです。

むか〜しから、佐川さんでも、ゆうパックさんでもお客様の在宅確認をせずに直接、宅配ボックスにぶち込むドライバーさんはいました。

時間短縮にはなるんですけど、クレームになることも多いので、僕自身はびびって出来ません。

最近ではドライバーなんて募集しなくても来るぐらいの勢いなので、頻繁に問題を起こす人は簡単に契約解除をされると思います。

直ボが特に問題になってきているのはアマゾンさんだと思ってますが、ドライバー側から何故そうなるのか?を書いてみたいと思います。

まぁ、書いたところで誰の役にも立たないのは承知なのですが、あまりにも初心者のドライバーさんにきついだろ・・と思ったこともあったので。


直ボをよくやるのはアマゾンさんだと思いますが、3つぐらい理由があります。

1つ目は荷物の量が多いので、少しでも時間短縮をしたい。

2つ目は特にタワーマンションで路駐した状態で配達すると「緑のおじさん」が札を貼る。

3つ目はそもそも駐車場代は出ないので、全て自腹になる・・という経費の問題。

1つ目の荷物の量は最近は一時期ほどでなくなってきましたが(一時期本当にひどかった。終わると思って渡してます?っていいたくなるくらい。)、恐らく閑散期にはまた同じことを繰り返すと思います。

アマゾン側からしたらオファーを受ける人が増えるほどコース設定をきつくしてもやるだろ?と考えるはず。ある人はAIがドライバーの限界を探ってるんじゃないか?とか言ってましたが、そんな一過性のもんでもないでしょう・・と思ってます、僕は。

何せ、ステーションの管理者さんたちは、二言目には「未廃を出すと・・、クレームを受けると・・、荷物の積み込みに時間がかかりすぎると、誤配を出すと・・、アカウントに傷が付きます。今後のオファーにも影響するかもしれせんよ?」しか言わない。初心者にそんなこと言ってたら、どうにかして終わらせなきゃ・・って焦らせるだけだと思いますが。

2つ目のタワーマンションでの配達ですが、マンションの種類によっては一回入ると20分は出てこれない建物もあったりします。配送用の荷受け場がある建物ばかりではないので、普通に管理人さんから「みんな路駐して配達してるから頑張ってね!」って言われたりも。

どう頑張ろうが、エレベーターの速度は変わらないので、時間がかかるのには変わりないんですが。僕は一度に複数のお部屋の在宅確認をして、上から順番に配達していきますが、事前にお伺いするまで時間をいただきます・・とお断りをしておいても「ここに来るまでに何十分かかってるんだ!!!」と怒り出すお客様もいたりするので、一度に持てる数を限定して複数回行ったり来たりしています。

ある一つの建物では35分間そこだけに時間を使ってます。そこだけで配達が終わるコース組みならいいんですけどねぇ・・。

3つ目の駐車場代が出ない・・については、ゆうパックは駐車場代でますし、佐川もヤマトも基本的には毎日同じコースを回ることが多いので、駐禁の監視員の行動バターンや、止めておいても駐禁を切られないポイントをある程度把握できます。

というか、僕が最初にコースを回るときに最も意識してるのはそこです。1回切られただけで、1日の売上吹っ飛びます。

アマゾンの場合、毎日違うコース、駐車場代は当然出ない、さらにどれだけ多く配達しても時給が変動することもないという3点セットのため、時給2千円を稼ぐのに、駐車場代が1000円かかります・・・みたいになりかねません。

売上がある程度、確保できれば必要経費と割り切ることも出来ますが、現状ではベテランドライバーでがっつりやる人も初心者で30個程度の方も同じ時給なので、経費を削らないと利益が残らないのです。

で、そうなると、直ボしてる方たちはある程度、腹をくくってます。

僕の知人ドライバーも「アカウントが消えるまで、まぁ適当にやるわ。どうせ、どれだけやっても売上変わらんし。気軽にやれるからやってるだけで、アカウントがなくなったら仕方ないか。ぐらいだわ。」と言っております。

働く側からすると、これはちょっと・・って思うこともありますが、それでもアマゾンフレックスという働き方を作り出したのは凄いことだなぁ・・と思ってます。

最終的には「嫌ならそんな仕事やらなきゃいいだけ!自己責任!」という言葉が聞こえてきそうなので、怒られる前にここらへんで終わりたいと思いますが、この「そんな仕事やらなきゃいい!」については僕も常々そう思っていて、我慢して仕事する人がいるから、使う側からしたら「どこまで下げたらやらなくなるかな?」って考えちゃうんでしょう。

だって人件費って大きいもの。削れるもんなら削りたいよ、そりゃ。

会社にも利益残さないとそもそも倒産しちゃうし。

雇われる側と雇う側、それぞれ言い分があって。

どっちが正しいって話ではなく、置かれてる立場が違うだけ。よ〜く考えながら、ぼちぼちやっていこうと思ってます。

ま、僕は配達の仕事を減らそうとしてるので、どっちでもいいですが。

スポンサードリンク

質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
最新コメント
リンク