fc2ブログ

個人事業主として、軽貨物で稼ぎたいなら、環境を選ぶのが大事。

労力と報酬に大きく差が出るのは、能力よりも環境。

あいあい、かもです。

あたいはかれこれ、15年以上、配送に関わって生きております。

引っ越しから宅配、トラックからバイク、一ドライバーから管理者まで一通りの配送は経験してきております。

一応、運行管理も持っております。

んで、これから軽貨物で開業しようとする人からの相談もそれなりに答えてきました。

基本的には今からの参入はお勧めはしてませんが、どうしてもやりたいって人から最近相談があったんで、その時に答えたことを書いときます。

まず Amazon Flex とかウーバーイーツなどの ギグ ワーク系だけで生計を立てようとするのはやめたほうがいいです。

あれはサブです。暇だったらやろっかな?ぐらいで丁度いい。

自営業者は不安定で当たり前ですが、一方的な単価の変更、アカウントの停止で、いつ食っていけなくなるのかが全くわからない環境に依存するのは精神的にも良くないと思うのです。

同じ理由でヤマト運輸の業務委託もお奨めしません。

次に稼げるとしても拘束時間が長くなる業務もお勧めしません。

僕の経験談として、朝から晩まで16時間やって3万いくかな?ぐらいの仕事と6時間ぐらいで1万五千円ぐらいの仕事だったら、後者の方が最終的に稼ぎやすくなります。

空いた時間をいかに使うかは個人の考え方次第ですが、最低限の売り上げを確保しつつ、次々と新しいことを試していたので、今では軽貨物事業がなくてもそれなりに食べていけるようにはなりました。

で、6時間で1万5千円とかって仕事あります?って話になると思うんですけれども、こういうこと聞いてくる人って新しい環境に行くのを躊躇う人が多いのです。

僕はどんなにダメでも1週間程度は何とか、その環境で稼げないか工夫しますが、時給と最大効率で稼いで上限はどこら辺か?は常に意識してます。

どう頑張ろうがここまでだな?と判断したらさっさと次に行きます。

もちろん、支払サイクルとか、数ヶ月分のやり繰りは考えた上でですが。

業務委託者の中には切られたら食べていけない!って考えて同じ場所で働き続ける人も多いんですけれども、むしろ逆で色んな事を試さないから、今の自分の環境がいいのか悪いのかが判断できないんです。

んで、そんな人は決まって新しい情報を取ろうとしてる人も少ない。

そもそも長時間労働しすぎて他のことを気にかける余裕もないのかも。

例えば最近?で言えば、IT連盟が政策提言してるものの中には一般自家用車での配送を勧めようとしてるものもあったりする。

Amazonが1tでの配送を広げようとしてるところを見てて、先々ではひょっとしたら?と考えてる人がいるかどうか。

普通車であれば重量どのぐらいまでの車両があるのか?

規制から外れるなら営業先はどんなところがありそうか?

ただの一例ですけど、そんなこんなを色んな情報と組み合わせて常に僕は考えてる。

僕の能力は変わらないのに、働く場所次第で最大で3倍近く売り上げも変わる。

まぁ、そもそも貨物軽自動車運送事業自体ががっつり稼ぎたい人が選ぶ仕事ではないのかもしれないけれど••••。

凡人の僕は出来ることが限られてます。

出来ることを少しでも増やして、組み合わせながら変化し続ける。

まぁ、それさえ出来れば食いパッぐれることはないんじゃないですかね?

スポンサードリンク

個人事業主とストライキ

ストライキしても多分変わらない。

あい、かもです。

アマゾンさんで働いている個人事業主の方がストライキを起こしたとのことで、Xや、YouTubeで話題になっております。

予想通りに、自己責任とか、ストライキする権利がそもそもないとか、嫌なら社員になれとか、どちらかといえばストを起こした人間に批判的なコメントが多いな•••と思ってみてました。

批判してる人たちの言い分見てるとストをやってお客様に迷惑をかけるのはモラルとか、常識とか、別に法律のようなルールにはなっていないけど、暗黙の了解というか、人として当たり前でしょ?って考えてる人は想像以上に多いなぁと感じてます。

僕自身は団結して交渉をしていく事自体は意味あることなんじゃないかな?とは思うものの、結果、劇的に変化することはないだろうなぁとも考えています。

そもそも、非正規を増やしてきたのも団結されないようにだと思ってますし、偽装請負じゃね?って働き方に近いところも経営者側にとって,それが都合がいいからそうしてるだけだと思っています。

まぁ、正しい正しくないは置いといて、自分達の待遇を少しでもいいものにしていこうと動いていくのは必要だろうなと思います。

日本人は真面目な人が多いので仕事に関しては他の人に迷惑をかけてはいけないとか、お客様のためにとか、自分が我慢すればとかで、懸命に頑張ろうとしますが、こういっちゃなんですが、経営者側からすれば待遇の交渉してこないならそれで納得して働いてるんだろ?としか思わないでしょうし、そもそも、機械に置き換えられるなら少しでもコストがかからないようにしたいものだと思います。

市場を形作っている職業はそれ自体は市場から評価されにくい••。

農業、漁業、輸送、医療等々、エッセンシャルワーカーと呼ばれる生活基盤を支える職業の人は皮肉なことに、重要性とは裏腹に待遇は低くなりがちです。

そもそも、ビジネス自体がより多くお金を稼ぐ人を対象に商売した方が儲かりやすいので、例外はありますが基本的には稼ぐ能力のない子供相手の教育や、老人相手の介護などはどうしても対価を得にくい構造になっているとも思います。

結果、人よりも稼ぎたい、お金を稼ぐことだけが何よりも価値があると皆が思うようになると、エッセンシャルワーカーを希望する人たちはどんどん減っていき、やがて生活基盤を支える構造そのものが廃れていく▪︎▪︎▪︎。

人手不足と喚いているところって大体当てはまってませんか?

残念ながら維持できなくなるところまでいかないと、市場に任せっぱなしで待遇が良くなることはないだろうなぁとも考えています。

ドライバーの数が減りはじめてから、タクシーの賃金は上がってきたし、いよいよ残業時間の規制がかかる来月になってからトラックドライバーの待遇を改善しようと焦り始めてるのをみて、5年も準備期間があっても、どこか他人事のように考えていたのは僕含め、日本国民全員だったと思います。

結果として輸送コストがあがり、物価は確実にこれからあがるのでしょう。

同じようなことは介護、建設の分野でも進み始め、農業ももちろん起きています。

労働力をロボットに置き換えられればいいんですけれどもまだまだ、そのレベルにはなっていないため、誰も本音で言わないけれど海外から安い労働力を入れようと、また永田町あたりのジジィどもが規制緩和をしようとしています。

世界的に見て、GDPが抜かれ始め、賃金も上がらないのに物価だけ上がり、円安で老人ばかりのこの国がいつまで外国の方に取って魅力的に見えるかは疑問です。

数年はいいかもしれないけれど、10年後にはどうなっていることやら。

個人の利益を最大限追求する人ばかりになると国としては衰退するが、国の発展の為に個人を制限しすぎると息苦しい世の中になるし、バランスって難しい。

個人事業主として、僕ができるのはルールを上手く活用して、世の中の人が常識とかモラルとか言ってるものを疑いながら、自分と身の回りの人を助けられるように備えていくことだけなのかもしれません。





スポンサードリンク

某ギグワークの引っ越し段ボール配送について。

いや、間に合わんだろ。

あい、かもです。

知ってる人は知っている、某ギグワークの引っ越し用の段ボール配送の案件について、知人がやってみたとのことで情報共有。

まぁねぇ。

仕事を取らないといけないのはわかる。

でもね。3時間でタワーマンションを含む、9件とかは初見でやらせるにはエグくないか?

引っ越し会社の希望なのか、マッチングアプリ運営側が「出来ます!」と言ったのかはわかりませんが、資材の名前から覚えなきゃいかんのに初めてやる人にはほぼほぼ無理な内容ですなぁ。

段ボールって嵩張るし。

ピストン前提できっちり積み込んでも、タワーマンションが2件とかあるととんでもなく時間がかかる。

おじさん、こう見えて引っ越し作業の経験あるから、タワーマンションは別料金を取ってるのも知ってる。

何で別料金取るか?って、タワマンというだけで作業時間がかかってしまうから。

依頼もとの引っ越し会社がそれをわからないはずがない。

知人は結局、午前中配達は間に合わず、謝罪しながら配送したそうですが、無理な運行をさせても、最終的にお客様の評判を下げてしまうことになるのは依頼元の引っ越し会社さんになるんだけどなぁ。

知人はもうやらない!と言っていたけれど、もし、やる人がいたら、恐らく時間はかなりキツキツな運行計画になっていると思うので、何よりも安全運転に気を付けましょうね?

気の弱いドライバーには色々言ってくるかもしれないけれど、そもそも自社で配送計画するときには30分一件ぐらいで計画してるの、おじさん知ってるぞ?

キグワーク全般に言えることなんだけれど、配送に間に合わなくたって、最悪アカウントがなくなる程度のことなんだよ。

でもね。

事故を起こしたら人生に大ダメージを負うから。

どうすれば、安く使えるか?だけ考えてると、無理な配送計画になっていく。

時給で依頼してる側は、一時間で多く運ばせたいからね?

生真面目な人ほど、間に合わせなくちゃって無理な運転をする。

某フレックスにも言えるんだけど、僕自身、未配出したって今のところ垢banにもなっていない。

今後は分からないけれど、よーく考えてみてほしい。

例えばどんどん一時間辺りの物量を増やしていって。

どんどん出来ないドライバーを切り捨てていって。

時期によって、物量が変動するこの業界で都合よく人を使うためには、ある程度のドライバー数は必要になるのに、切り捨てられたドライバーたちが、この業界に居続けるだろうか?

ギグワーカーは所詮、委託業務をやってるだけ。

そして業務委託受注者はめちゃくちゃ、出来るひとだろうが、会社の都合で切られる時は一瞬。

たまーに、あんた社員になったん?ってぐらい、気持ち悪い忖度をしてるドライバーさんもいるけれど、貴方がどれだけ尽くしても、その他大勢のひとりでしかない。

お気に入りになろうとして、すり寄ったところでなぁ?

正社員とかならイエスマンは出世しやすいから「賢い!」って思うけどさ。

お互い、ほどほどに利用して、旨味がなくなりゃとっとっと撤収するぐらいが個人事業主としては正しいでしょう。

気にするのは一番できるドライバーの事よりも、その仕事の平均的なドライバーの作業量。

そこを見誤らなければアカウントが消えることも多分ないよ。

僕なんか数年稼働してないアプリ複数あるけど、特に消えてない。

そもそも、消えた所で仕事探して取ってくるからどうでもいいけれど。

真面目な人が僕は出来ないんだ!って考え込まないように書いときます。

仕事は色々あるんだから、一つ二つうまくいかなくたっていいんだよ。

頑張ってもどうにもならなかったら、生活保護もあるんだから。

人間いつか、死ぬんだし、大抵の人間が死後50年もすりゃ自分が生きていたことなんて気づかれもしない。

今、できることを精一杯やって、そんで極力楽しく生きていきたいと僕は常に考えております。












スポンサードリンク

質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
最新コメント
リンク