FC2ブログ

アマゾンフレックスのAIに思うこと。

飴と鞭がはっきりしてません?

はい、かもです。

おかげさまで、僕もアマゾンフレックスを含め、大抵の軽貨物のギグワークは参加させてもらっております。

色々、やってみたものの初心者でも、それなりに金額を作りやすく、自由に動けるのはウーバーさんとフレックスさんかなぁ・・と思っています。

ウーバーさんは神奈川の方は既に新料金体系(実質値下げだと思う。)になっているそうなので、そのうち、他のデリバリーサービスさんの方が割がいいものもでてきそうですが・・。メニューさんとか良さそうだけどなぁ・・・。

ただし、いずれにせよ、1件いくらの世界なので、結構がっつり時間かけてやらないと売り上げを立てにくいです。

まぁ、他に仕事もしている僕は、そんなわけで、アマゾンフレックスさんの稼働比率は結構高めになってます。

さて、これから書く内容はあくまで僕がそう思う・・というだけだし、最悪アカウントが消えてもいいと思っているから出来るだけで、アマゾンフレックス一本で生計を支えている方は真似しないでください。変なおじさんが一人で呟いている戯言です。

さてさて、皆大好き、アマゾンフレックスのコース設定はAIが自動で行っているというお話でしたが、僕は前々から不思議に思っていたことがあったのでした。

なんで、このAIさんは日によって極端に回りにくいコース設定と、回りやすい楽なコース設定を混ぜてくるのだろう・・・?と。

数が6~8時間で130個近くの時もあれば、3~5時間で40個程度の時もあるし、あきらかに一方通行や、タワーマンションばかりで時間をつかうコースの日や、ほとんど一戸建てばかりで、非常にまわりやすいコース設定もあったり。

コース自体に難易度を設けてあって、ある程度こなすドライバーには徐々に変化させながら、より多く面倒くさいコースに誘導されているような気さえしていました。

最初の頃はとにかく渡された荷物をきっちりやり切ることが大事だと考えて、時間ギリギリまで走り回って終わらせたりもしたんですが。

よくよく考えたら、平均以上にやった所で特に得もなくね?と思ったり。単価があがるわけでもないし。

平均値は1時間で13個程度だと聞いたこともあるし、大体時給2000円程度になるように報酬設定されてることを考えても、他社さんの1個あたりの単価を考えるとまぁ、13~15個が妥当かな?と。

噂では優先オファーなるものもあるそうなので、非常に優れたドライバーさんにはそういった旨味もあるのかもしれませんが、僕自身は残念ながらそこまでのスペックがないので、前日もしくは当日で仕事があったらやります・・ぐらいの緩~い仕事の仕方をしております。

で、まぁ、比較的きついコース設定の時に配達時間に余裕もって終わったりすると、その次に仕事するときは、さらにエグ目のコースになったり、その逆で普通のコースだけど、時間ギリギリだったり、若干オーバーしたりすると、その次の日には待機状態からの「今日は荷物がないので帰ってください。」だったり、若干ぬるめのコースになったり。

あくまでも僕の体感に過ぎないけれど、ドライバーを使ってのAIさんの実験のようなものはあるんだろうなぁ・・と勝手に思ってます。

様々な状況を与えて、データを収集してるのでしょう・・。

で。

これ、初心者から古株の宅配ドライバーまで全部ひっくるめてデータを取っているならば、たま~に存在する異常な数を配達する化け物みたいなドライバーを基準にしたコースを作っても不思議ではないと思うのです。

凡人の僕が「もう足動かん・・・。」みたいな思いをして、配達を終えたら、化け物達が笑いながら「1時間30個は余裕っしょ?」みたいに言ってて。

んで、AIさんが「カモ、コースカンリョウ。レベルヲヒキアゲマス。」みたいにやってんじゃねーかと。(AIのイメージが古いのは仕方ないの。おじさんだもの。)

そんなことを何回か続けているうちに「よし。AIには出来ないドライバーだと認識された方が良くね?別にアマゾンフレックスに未練もないし!」と思うようになり。

もちろん、配達完了個数の平均値を下回ったり、誤配や時間帯不履行には気を付けてはいるのですが、がっつり意地でもやりきったらぁ!!みたいな動き方を止めてみたのです。

それから、明らかに「はは~ん。今日は試しにきてんだろ?AIさんよぉ。」みたいな難易度のコースの時は不自然にならないように頑張ったけど、ここが限界っす・・みたいな感じでコースアウトしたり。

そんなことをやっていたら、ここ最近は全体的にコース設定が緩くなった気がしています。

まぁ、わざとやっているのさえ見抜かれて、いずれアカウントがBANされる危険性もあるのですが、そうなったらそうなったで、ブログのネタが増えただけです。

あるデリプロさんがメインでやっていたセンターは、1時間で25個配らないと終わらないようなコースになっていたり、明らかにそこでやっている人たちのレベルに合わせてコース設定がなされているな・・・と感じることが、色々なセンターに行って配達してみて思ったことです。

ということは、このまま出来る子だけが残る感じになっていって、出来ない子はいらないよ?って感じになっていくと・・・・。

コースの難易度は上がり続けるのかなぁ・・・・と。

アマゾンフレックス大好き!ギグワーク最高!これが俺の天職!!と思ってる人には、仕事を取りやすくなるという意味でいいのかもしれませんが。

AIさん・・・。

奴が成長していくと、生かさず殺さずの絶妙なラインが常に来るのかもしれない・・・。

「カモ、キテイカイスウ、ハイタツミカンリョウ。アカウント、マッショウシマス。」

最後、若干ホラーみたいになっちゃった・・。

スポンサードリンク

質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
人気ブログランキング
最新コメント
リンク